リーバイス501が好き④2000年代以降リーバイスの内タグでの年代判別

11/12/2020

2000年代以降のリーバイスの年代判別

2003年に米国内自社工場をすべて閉鎖したリーバイスは、以後、USライン(リーバイス米国本社が企画販売する北南米向製品群)、EUライン(リーバイスヨーロッパが企画販売する欧州向製品群)、JPライン(リーバイスジャパンが企画販売するアジア向製品群)で、 各地域独自の501が企画製造販売されるようになりました。
その頃から501の内タグも徐々に変わっていき、「2000年頃以降の501の内タグには、製造年月の表示がない」とする意見をネット上で見ることがあります。
まじか?
とお思いの貴兄に、こっそり情報を差し上げます。
2000年頃以降の501の内タグにも、いつ頃製造されたかの数字がちゃんと記載されています。
※ここでは2013年頃以降のたくさんの内タグがついているもの。
百聞は一見にしかずといいますから、実際にモノをみてみましょう。

こちら、先日某フリマサイトで購入した、501の内タグです。
501’93←<最近販売されている復刻バージョンの501’93ではありません。オリジナル?の1993年から2003年まで販売されていた501’93のことです。>の古着を探しているうちに、とりあえず現代の501を買ってみようかとの思いが沸き上がり、W30とW31の2本セット4,000円以下だったので、思わずポチッとしてしまいました。
この501のディテールなんかは、また別の機会に書くことにして、内タグです。
まあ、なんてことでしょう、このタグの枚数!
立派なタグが都合4枚の大盤振る舞いです。
先に進みます。
左側のは無視
右側の「ベトナム製」と書いてあるタグをめくります。
各国の洗濯マークのオンパレード。
この長いタグもめくります。

めっちゃ小さいタグが出てきます。革パッチは牛革だそうです。出世しましたね。
このめっちゃ小さなタグもめくります。

最後に出てきたこの正方形に近いタグこそがお目当てのタグです。

赤枠で囲った部分。
CW
CW.ニコル?
違います。
CalenderWeek。
日本では、ウィークカレンダーとか、ウィークナンバー、週番号と呼ばれるんでしょうか?
私のシケた生活圏内では全く使いませんが、要は1年を週毎に区切って番号を付けました的なことです。ちなみに1年間には52週あります。
で、この501には、「CW-1113」とあります。
「1113」の初めの2ケタ「11」が週番号、次の2ケタの数字「13」が西暦の下2ケタを表わします。
この501が製造されたのは、2013年の11週目デス!
ということで、皆様もお持ちの501(に限らずリーバイス全般)の内タグをめくりまくってみてください。
(ちなみに「CW-1113」の下の「4459」が工場番号で、トップボタン裏の刻印の数字と一致するハズ。)

JPラインかUSラインかの判別は ⇒ 現行リーバイスのジーンズの内タグの読み方


ライトオンオンラインショップ

(Visited 3,435 times, 8 visits today)



Posted by shiba