写真でみるリーバイス501レギュラー⑺-1987~88年頃米国製ナイロンフットボタン仕様

04/13/2021

にほんブログ村 グルメブログ 昼食・ランチへ にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ

このLevi’s501は、内タグがありませんでしたので、正確な製造年月は不明です。
脇割のレギュラー、インシームはダブルステッチ。
いわゆる80年代の501レギュラーですが、まだらな感じの色落ち。
そして、パッチがこちら。

ティアオフなしの紙パッチには、「Care Instructions …」の文字が赤で印刷済のところに、黒細字の501。
ということは、前回紹介した「Care Instructions …」が細字で黒印字された86年製501と赤太字501の間の時期の501です。
多分1987年とか1988年頃のものと思われます。
裾裏はシングルステッチ処理。
閂糸はオレンジでアーキュエイトステッチは、左右均等。
赤タブは「スモールe」
トップボタン脇は紺色の平行ステッチ。
リベット裏はアルミ。
トップボタン裏の工場番号は、見づらいけれど「552」。
そしてこの501の特徴は、何と言っても、フライボタンが…なんとナイロンフットボタン。
トップボタンはノーマル?なものだけれど、フライボタンだけがナイロンフットという仕様。
なかなかに魅力的な80’s501です。













(Visited 110 times, 2 visits today)

Levi's 501

Posted by shiba