写真でみるリーバイス501レギュラー(7)1987~88年頃米国製ナイロンフットボタン仕様

2021-04-13Jeans(ジーンズ),Levi's 501 リーバイス501

【80(ハチマル)モデル】というよりは、【87(ハチナナ)赤文字モデル】
※パッチの501表記以外は、ほぼ【87(ハチナナ)赤文字モデル】ですね。
※このサイトでは、1980年頃から2003年米国自社工場閉鎖までの米国製Levi’s501を、下記の3つのモデルに大きく分類しています。
「80」(ハチマル)80年頃~87年頃 紙パッチのCare~文字が黒スタンプ(このサイトでは「赤耳」もこの区分です。)
「87」(ハチナナ)88年頃~93年頃 紙パッチの501の文字が赤字且つロゴタグ(87赤文字と記述することが多い。)
「93」(キューサン)94年頃~03年 紙パッチの501の文字が黒太字且つ刺繍タグ(93米国最終と記述することが多い。)
80年代-90年代リーバイス501レギュラー逸品館(Levi’s501-made in U.S.A.- 80~90s COLLECTION)


このLevi’s501は、内タグがありませんでしたので、正確な製造年月は不明です。
脇割のレギュラー、インシームはダブルステッチ。
いわゆる80年代の501レギュラーですが、まだらな感じの色落ち。
そして、パッチがこちら。

ティアオフなしの紙パッチには、「Care Instructions …」の文字が赤で印刷済のところに、黒細字の501。
ということは、前回紹介した「Care Instructions …」が細字で黒印字された86年製501と赤太字501の間の時期の501です。
多分1987年とか1988年頃のものと思われます。
裾裏はシングルステッチ処理。
閂糸はオレンジでアーキュエイトステッチは、左右均等。
赤タブは「スモールe」
トップボタン脇は紺色の平行ステッチ。
リベット裏はアルミ。
トップボタン裏の工場番号は、見づらいけれど「552」。San Angero(TX)工場( サンアンジェロ(テキサス州))

80年代~90年代のリーバイス社(Levi Strauss & Co.)の工場番号&所在地一覧
そしてこの501の特徴は、何と言っても、フライボタンが…なんとナイロンフットボタン。
トップボタンはノーマル?なものだけれど、フライボタンだけがナイロンフットという仕様。
なかなかに魅力的な80’s501です。

Levi’s501-made in U.S.A.- 80~90s COLLECTION

 

(Visited 4,831 times, 2 visits today)

Posted by shiba-ken