写真でみるリーバイス501レギュラー⑻-1993年米国製(格安)

04/22/2021

にほんブログ村 グルメブログ 昼食・ランチへ にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ

さて、今回のLevi’s501はというと、紙パッチに太字で「501」と印字されている501レギュラーです。
2003年の北米自社工場閉鎖後もしばらく使われていたパッチですね。
それでは今回の501の全体像から見ていきます。
色は全体的にそこそこ落ちていて、この年代特有のキレイなリーバイスブルー。
ヒゲも少なくて程度は良さそうな気もしますが…。

紙パッチは、ほぼ判読不可能な状態です。
ただ、「501」の文字は赤ではなく黒であることは判別できます。
以前に紹介した「写真でみるリーバイス501レギュラー⑹-1998年米国製と2000年米国製・洗濯はもっと慎重に!」のような洗濯をしてしまったのでしょうか。
内タグに目を移すと、型番は「501-5900」のW32-L36。
裾上げされているようで、いかにもの糸でシングルステッチ処理されています。
内タグの裏の工場番号は「555」、みんな大好きカリフォルニア州サンフランシスコのバレンシアST工場です。
製造時期は、「0893」つまり1993年8月。
日本語のタグがないので、USラインでしょう。
後ろポケットの位置が若干高めなので、世界的に統一された1993年モデルの直前、
さらに赤文字「501」から黒太字「501」に切り替わった時期でしょう。

 

☝こちらの写真☝が格安だった理由ですね。
➀リーバイスのアイデンティティである赤タブがありません((+_+))
写真ではわからないけれど、根元には残骸が少しだけ残されています。
②フロント左足の付け根あたりに糸抜けがあります。
まあ、これで送料込み1,000円なら、御の字でございますよ。

トップボタン、フライボタンとも鉄分ありで、磁石に付きます。
トップボタンの横は、紺糸の平行ステッチ、ボタンホールも紺糸。
リベット裏は、無地の銅色。

インシームは、巻き縫いのダブル。
アウトシームは、もちろんロックをかけての割縫い。
どうですか?
80~90年代の501レギュラーも良いものでしょう。
特にあの時代を過ごしたことのある年代の方なら特に感慨深いのではないでしょうか。
バックトゥザフューチャーとか見たくなりませんか?
ブルース・スプリングスティーンとか聴きたくなりませんか?
ワタクシ、いまだに見ているし、聴いています。

created by Rinker
¥1,416(2021/05/08 14:03:17時点 楽天市場調べ-詳細)












(Visited 48 times, 1 visits today)

Levi's 501

Posted by shiba